いよいよ、10月30日より開催されます、第36回全国国民文化祭きのくに和歌山文化祭2021にスペシャルオリンピックス日本・和歌山からも多数のアスリートが参加されます。情報を提供して頂いたアスリートの舞台出演をお知らせいたします
今回は、ボウリングなどに活躍されています山畑項平さんが出演されます「太鼓の祭典」のお知らせです。
県内の和太鼓集団を始め全国を代表するチームが集う太鼓の祭典。
項平さんは2年前にOBで結成された紀の川支援学校和太鼓DRUM輪に所属しています。
まだ、新しいチームですがやる気はあります!皆さんの心に響く音色をお届けします!
日程
10/31 太鼓の祭典 和歌山城ホール大ホール 10:30~16:30
詳しい詳細は添付資料をご覧ください。
同日、天音太鼓で上戸一輝さんも出演されます。

 

 

 

 

🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁🥁

今回は、ボウリングプログラムなどで活躍されています、古川亜友美さんのコンサートのお知らせです。

中学時代からピアノを始めた亜友美さんは恩師の勧めもあり22歳の時にヘルマンハープに出会いました。ヘルマンハープとはダウン症の息子に「メロディーを自分で演奏することのできる楽しみを与えてあげたい」とドイツ人のヘルマン・フェー氏によって開発された楽器です。その音色に魅了された亜友美さんは週1回のペースでチェンバリーハープ(ヘルマンハープ同楽器)の練習を重ねこれまでも数々のコンサートを開いています。
 素敵な音色に癒されせんか。
日程  11月28日(日) 14:00から 音楽サロン リュスモーネ

 

 

♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬

「2021アスリートストーリー発表会」の動画が、期間限定ではありますが(10/28.10:00まで)

YouTubeで配信されています (スペシャルオリンピックス日本の公式YouTubeチャンネルでもご覧いただけます)

発表会のトップバッターにも関わらず、いつもの「らしさ」を出して発表した、丸谷アスリート委員長。

当日、ご覧いただけ無かった方にも、ぜひ観て頂きたい内容です。

 

和歌山のアスリート委員長でもある、丸谷結人さんが、スペシャルオリンピックス日本の企画で、全国より多数応募のあった「アスリートストーリー発表会」の最終選考の10名に選ばれ、9/18に行われました「アスリートストーリー発表会」に

登壇しました。

メッセージの内容は、プログラムに参加して、自分の次への目標(柔道でワールドゲームを目指したい)ができた事や、                                                                           コロナ過で、プログラム等が今までの様に開催出来なくなった時、事務局や、コーチ達が、

再開を目指して頑張ってくれた事などを、始終笑顔で話し、聞いてる人たちがほっこりする様な、

周りへの感謝の想いが溢れる内容でした。

丸谷アスリート委員長のメッセージの後、審査員の感想をお話してくださったのは、ロンドンオリンピックメダリスト

平岡拓晃ドリームサポーター。丸谷アスリート委員長は、メッセージの中で柔道プログラムに参加していると伝えた事で、

親近感を抱かれたようで、丸谷アスリート委員長のメッセージにとても共感してくださいました。

 

平岡拓晃ドリームサポーターは、和歌山での柔道コーチクリニックの際、和歌山までお越し頂き、ドリームサポーターとして初めて

コーチ資格を取られた方でもあります

 

そして、先日、有森理事長直筆サイン入りの参加賞が届きました。

この経験を期に、丸谷アスリート委員長は、もっと色んな事に挑戦し、他のアスリートに刺激を与え、

son和歌山を盛り上げてくれる事でしょう。 

 

https://youtu.be/AXMb8jb2pG0

 

 

👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏👏

文化の秋にふさわしく、和歌山のアスリートの作品があちらこちらで展示される事になりました。

お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください。

 

 

太鼓の祭典

10/31(日)10:30~17:30 和歌山城ホール大ホール(和歌山市七番25-1)

 

白良浜deひらひらTシャツアート展 

11/3(水・祝)~11/7(日)白良浜(西牟田郡白浜町864)

 

「美し浜のものがたり」煙樹ヶ浜海岸プロジェクションマッピングin文化展

11/6(土) 美浜町煙樹海岸キャンプ場(日高郡美浜町和田1979-12)

 

全国障害者作品展

11/13(土)~11/20(土)県民交流プラザ和歌山ビッグ愛展示ホール (和歌山市手平2-1-2)

 

ヘルパーステーションこころねさんのキャラクターに採用。

 

この他にもまだまだ展示予定の物も有ります。

決定次第、随時報告致しますので、お時間ある方はぜひご来場ください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

8月に東京都渋谷のアトレ恵比寿にて開催されていました「ゆうきのつばさアート展」。作品展は毎年行われており今回のテーマは「スポーツ」。今年は全国からの多数の応募作品のなか選考の上、10作品が展示されており、その10作品の中に、和歌山のアスリートが2名も入選し展示されました。柔道プログラムに参加されているYUHEIさんと柔道や競泳に参加されてるITUKIさんの作品です。
今回は柔道をテーマに応募しました「柔道もちもち」と言うYUHEIさん作品を紹介させて頂きます。お二人共、おめでとうございます!

 

🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼

スペシャルオリンピックス日本のスポンサーであるトヨタ自動車の従業員の皆様がバーチャルハイファイブで

繋がる「OneHeartOneMind」を企画してくださいました。250名以上の世界、日本のアスリートとトヨタ様の

従業員の方々がエールを届け合いその写真を繋げモザイクアートを完成させると言う企画です。

SON和歌山からは柔道プログラムのアスリートが参加しました。

完成したモザイクアートは下記の特設サイトからご覧いただけます。

 

https://sonippon.wixsite.com/oneheart-onemind

🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀

SON和歌山の牲川会長が、コロナ過で思うように活動出来ていないアスリートを少しでも元気づけ様と、

全員にオリジナルマスクとタオルを作って下さいました。

7/11のナイトボウリングプログラムのアスリートに会長自ら、プログラム会場へ届けに来てくださいました。

又、会長所属のライオンズクラブさんから、仮面ライダーグッズも頂戴致しました。

その上、先日和歌山の聖火ランナーとして走行した上戸君がトーチを持って来てくれ、

思いがけない色んなサプライズにみんな、大喜びだった様子です。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

4月9.10日と和歌山県で聖火リレーが開催されました。

県下173名のランナーの内、SON和歌山所属の、アスリート上戸一輝【田辺市】、事務局次長兼コーチ大田昌彦【和歌山市】、

スポーツプログラム委員長柳谷弘子【紀の川市】の3名がトーチを繋ぎました。(【】内は走行地区)

特に、アスリートの上戸一輝さんは、思いがけず、大好きなウルトラマンに出演されていた小西博之さんからの

トーチキスでとても緊張したそうですが、「シュワッチ!」のトーチキスポーズは一生の思い出に残る事でしょう。

それぞれの走行の様子は、NHKのライヴストリーミングで観て頂く事が可能です。

https://sports.nhk.or.jp/olympic/torch/events/20210410/

 

2月16日、ライオンズクラブさんにご招待頂き、ボウリング大会に参加してきました。

ライオンズクラブさんとアスリートのユニファイドボウリング。アスリートはいつもと違う顔ぶれに戸惑いながらも(?)ゲームが進むとハイタッチやガッツポーズなど、いつものアスリートの顔にもどり、楽しんでいました。上位チームとブービーさんにはお花の贈呈をして頂き、おやつコーナーも。

また、北海道ナショナルゲームの壮行会もして頂き、出場アスリートに名前入りタオルを頂きました。

間近に迫ったナショナルゲームにより一層の意欲が沸いたようです。

🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳

和歌山のアスリート、岸野文音さんが、スペシャルニーズ柔道ヨーロッパオープン大会で、全て一本勝ちで、金メダルを獲得しました。彼女は、プログラムの時も、初心者のアスリートに気を配り、時には相手になり指導してくれ、和歌山の柔道プログラムになくてはならない存在です。

そんな彼女を讃えて、6/16のプログラムで、練習の後、祝勝会をしました。他のアスリートは金メダルを見せてもらい、その重みが今後のプログラムでの練習に生かされればいいですね。アスリートはそれぞれツーショットで記念撮影しましたが、一番嬉しそうな笑顔は、ヘッドコーチでした(^^)

岸野さん、おめでとうございます!これからの活躍も期待しています。

🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻

医療法人蒼会 おくむらクリニック 院長 奥村匡敏様より企業・団体賛助会員としての申込みをしていただきました。

来院された患者さまよりスペシャルオリンピックスの事をお聞きになり、直ぐにネットで調べられたそうです。

事務局長 大田がお伺いをし、お話しさせていただく中で、先生の優しく実直なお人柄に接することができました。

まだまだ認知度の高くないスペシャルオリンピックス日本・和歌山ですが、このような応援をいただけることは本当に嬉しい事です。

たくさんの優しい応援団に支えられ、ますます頑張らねばと思う機会を与えていただきました。

賛助金は、922日~24日に開催されるナショナルゲーム・愛知への派遣費用として遣わせていただきたいと思います。

スペシャルオリンピックス活動に賛同いただき、応援していただける方をお待ちしています。

資金援助だけではなく、コーチングやちょっとしたボランティアも結構です。お待ちしています。

11/3、和歌山県福祉事業団主催の福祉セミナーに、SON日本の理事長である、有森裕子理事が

講演されると聞き、有志で、聞きに行きました。

講演前の、お忙しい時間を割いていただて、お会いする事が出来ました。

これからのSON和歌山の発展にアドバイスを頂き、とても励みになりました。

 

 

 


8/28、細川名誉会長をお招きして、お食事会が開かれました。

途中、平坂会長も飛び入りして下さり、和気あいあいと、楽しい時間をすごしました。

                                     ~和歌山かごの屋にて~