2月16日、ライオンズクラブさんにご招待頂き、ボウリング大会に参加してきました。

ライオンズクラブさんとアスリートのユニファイドボウリング。アスリートはいつもと違う顔ぶれに戸惑いながらも(?)ゲームが進むとハイタッチやガッツポーズなど、いつものアスリートの顔にもどり、楽しんでいました。上位チームとブービーさんにはお花の贈呈をして頂き、おやつコーナーも。

また、北海道ナショナルゲームの壮行会もして頂き、出場アスリートに名前入りタオルを頂きました。

間近に迫ったナショナルゲームにより一層の意欲が沸いたようです。

🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳🎳

和歌山のアスリート、岸野文音さんが、スペシャルニーズ柔道ヨーロッパオープン大会で、全て一本勝ちで、金メダルを獲得しました。彼女は、プログラムの時も、初心者のアスリートに気を配り、時には相手になり指導してくれ、和歌山の柔道プログラムになくてはならない存在です。

そんな彼女を讃えて、6/16のプログラムで、練習の後、祝勝会をしました。他のアスリートは金メダルを見せてもらい、その重みが今後のプログラムでの練習に生かされればいいですね。アスリートはそれぞれツーショットで記念撮影しましたが、一番嬉しそうな笑顔は、ヘッドコーチでした(^^)

岸野さん、おめでとうございます!これからの活躍も期待しています。

🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻🌻

医療法人蒼会 おくむらクリニック 院長 奥村匡敏様より企業・団体賛助会員としての申込みをしていただきました。

来院された患者さまよりスペシャルオリンピックスの事をお聞きになり、直ぐにネットで調べられたそうです。

事務局長 大田がお伺いをし、お話しさせていただく中で、先生の優しく実直なお人柄に接することができました。

まだまだ認知度の高くないスペシャルオリンピックス日本・和歌山ですが、このような応援をいただけることは本当に嬉しい事です。

たくさんの優しい応援団に支えられ、ますます頑張らねばと思う機会を与えていただきました。

賛助金は、922日~24日に開催されるナショナルゲーム・愛知への派遣費用として遣わせていただきたいと思います。

スペシャルオリンピックス活動に賛同いただき、応援していただける方をお待ちしています。

資金援助だけではなく、コーチングやちょっとしたボランティアも結構です。お待ちしています。

61日 トヨタカローラ和歌山株式会社を訪問し、社員の皆様からのご寄付をいただきました。

当日は、社長 西川直人様、営業本部長 横山幸平様が同席いただき、スペシャルオリンピックス日本・和歌山の活動についての話をさせていただきました。

スポーツについての造詣も深く、障害者スポーツについても非常に共感をしていただけ、話に花が咲きました。

今後も末永くご支援をいただけるとの力強いお話に、神谷尚孝会長、大田昌彦事務局長ともに広報活動の大切さを改めて痛感しました。

アスリート達にとって、大きな力となりました。

 

ライオンズクラブ9R1Zの例会に、アスリート2名とご挨拶に行きました。

いつもは、ちんどん屋さんで、周りのみんなに笑顔を振る舞う、大樹君と加那子さんも、

少し緊張気味。

でも、皆さん熱心にお話を聞いて下さいました。

 

11/3、和歌山県福祉事業団主催の福祉セミナーに、SON日本の理事長である、有森裕子理事が

講演されると聞き、有志で、聞きに行きました。

講演前の、お忙しい時間を割いていただて、お会いする事が出来ました。

これからのSON和歌山の発展にアドバイスを頂き、とても励みになりました。

 

 

 


8/28、細川名誉会長をお招きして、お食事会が開かれました。

途中、平坂会長も飛び入りして下さり、和気あいあいと、楽しい時間をすごしました。

                                     ~和歌山かごの屋にて~